Matchbook

マッチブック Matchbook 評判の良い出会系アプリとは!

投稿日:2016年4月15日 更新日:

matchbook
matchbook
matchbook
今回は新進気鋭の出会系アプリマッチブック(Matchbook)を紹介します。

マッチブックは2015年8月にサービスが開始されたばかりの新しい出会系アプリですが、Facebook連動型の出会系アプリであるpairs(ペアーズ)とOmiaiを脅かす人気サイトになることが予想されています。

今回の記事ではマッチブックの概要として、

  • 基本情報
  • サポート体制
  • 料金体系
  • 出会いに繋げる5つの手順

を出会系アプリをまだ使ったことがない人でも理解できるように、詳しく、わかりやすくまとめました。マッチブックは確実にこれから注目度が増していく出会系アプリです。本記事を読みマッチブックを一足早く理解して、出会いに繋げましょう。

マッチブック(Matchbook)とは

マッチブックは2015年8月にリクルートのグループ会社によって開設されました。Facebook(フェイスブック)を利用した恋愛・恋活マッチングアプリとして会員数を伸ばしつつある注目の出会系アプリです。

  • 大手企業であるリクルートグループが運営している
  • 会員登録にFacebookのアカウントが必須

以上から信頼性が高いと女性から評判が急上昇しています。

マッチブック の基本情報

マッチブック の運営と開発背景

マッチブックはリクルートのグループ会社が運営

マッチブックは株式会社ニジボックス(NIJIBOX)が開発・運営をしています。株式会社ニジボックスはリクルートホールディングスが100%出資するグループ会社です。株式会社ニジボックスは2010年にリクルート(現リクルートホールディングス)の「Media Technology Lab」から分社化されて生まれました。

ゼクシィ、ホットペッパー、リクナビなどといった世間に広く認知されたサービスを多く展開しているリクルートのグループ会社が運営しているので、これまで出会系アプリに縁がなかったユーザー層も登録しています。今後「恋愛のリクナビ」といえるサイトに成長すると注目されています。

マッチブックの開発背景は「恋愛の不の解消」

マッチブックはリクルートが開発し全世界でヒットした写真共有アプリ「cameran」のユーザーへのアンケートの声から生まれました。ユーザーへのアンケートの中で恋愛の機会がないという回答に開発チームが注目し、ITを活用することで出会いの不の解消することを目的にマッチブックは開発されました。

マッチブック の女性会員数

女性会員数の推移

2016年4月12日時点のマッチブックの女性会員数は14,259人となっています。(当サイト調べ)

2016年3月1日時点では11,113人だったので、一ヶ月で約3,000人も会員数が増加しています。2015年8月にサービスが開始されたことを考えると、順調に登録者数を伸ばしていることがわかります。
(※男性会員数は現在調査中です。判明次第更新予定です。)

日付 女性会員数
2015年8月 サービス開始
2016年3月1日 11,113人
2016年4月12日 14,129人
2016年4月14日 14,303人

女性会員数と年代別の割合(2016年4月12日現在)

2016年4月12日時点での女性会員数と年齢層別の割合を下記の表にまとめてみました。表を見る限り、マッチブックの女性登録者は20代前半が一番多いです。また18歳〜29歳で89%を占めています。登録者に占める若い世代の比率が非常に高いことはマッチブックの特徴です。

年齢 人数 割合1 割合2
18~19歳 1,134人 8% 89%
20~24歳 6,867人 48.6%
25~29歳 4,579人 32.4%
30~34歳 859人 6% 11%
35~39歳 368人 2.6%
40歳以上 322人 2.3%
合計人数 14,129人 100% 100%

マッチブック のサポート体制

サポート1:24時間365日の監視体制

マッチブックでは24時間365日体制での監視体制が敷かれています。写真などが掲載前に全てチェックされており、不適切な写真は表示されないようになっています。また利用規約に反する行為に対しては、迅速に警告や強制退会処分といった対応をとっています。

サポート2:なりすましの防止

マッチブックではなりすましでの登録を防ぐために

  • フェイスブックアカウントの利用
  • 公的書類を用いた年齢確認

の2つが行われています。

Facebookは実名制なので、顔写真や年齢を偽ることが出来ません。また不正防止のため、友人が10人以上いないフェイスブックアカウントではマッチブックに登録できないようになっています。

サポート3:プライバシーの保護

マッチブックではプライバシーの保護を目的に、

  • Facebookの友達同士は非表示
  • Facebookには表示されない
  • 実名は非表示

となっています。マッチブックを利用していることを周りに知られたくない人も安心して利用することが出来ます。

マッチブック の料金体系

以下では男性のマッチブックの料金体系について紹介します。
※女性は無料で登録・利用が可能です。

会員登録は無料です

マッチブックへの会員登録は男性も無料です。また会員登録をすると、以下の機能を使うことが出来ます。

機能 内容
プロフィール検索 女性の登録者のプロフィールを検索することができます
いいね! 好みの女性にいいね!することができます。
無料で毎月30回までいいね!することができます。
マッチング お互いにいいね!を押すとマッチングとなります。
(メールを送るためには有料会員になる必要があります。)
1通目のメッセージ マッチング後に1通目のメッセージを送ることが出来ます。
(メッセージの返信は有料会員にならないと見られません。)

ポイント制前払いの出会系アプリ(PCMAX、YYCなど)ではプロフィール検索をする段階でポイント(=費用)が必要でした。しかしマッチブックでは登録者のプロフィール検索をする段階では、料金は発生しません。

マッチブックの場合は相手とマッチングした後で、メッセージのやり取りをする段階で月額の利用料金を支払う必要があります。

有料会員制度

マッチブックの有料会員の利用料金は月額課金制です。料金プランは以下の4つのプランから選択可能です。長い期間のプランほど月額料金が安くなります。

プラン 月額料金
(1ヶ月プランとの差額)
得する金額
1ヶ月 3,980円/月
3ヶ月 3,660円/月(-320円) 3ヶ月で960円
6ヶ月 2,996円/月(-984円) 6ヶ月で5,904円
12ヶ月 2,415円/月(-1,565円) 12ヶ月で18,780円

有料会員になると、以下の機能が使えるようになります。

機能 内容
メッセージが無制限に送れます マッチングした相手とのメッセージが無制限で送れます。
何度メッセージをやり取りしても月額以外の費用は掛からないので、安心してメッセージにやり取りを重ねることが出来ます。
相手のいいね!の数がわかります 相手が他の男性からされたいいね!の数がわかります。
ライバルの数がわかるので、いいね!された数が少ない女性を狙うことも出来ます。
登録直後に30回分のいいね!が追加されます 有料会員になったタイミングで30回分のいいね!が追加されます

プレミアムオプション

有料会員になるとプレミアムオプションを更につけることが可能です。

必要な費用
プレミアムオプション 有料会員月額料金+3,980円

プレミアムオプションに申し込みには、有料会員の月額料金に加えて月額3,980円が必要です。月額利用料にプレミアムオプションをつけた場合、
1ヶ月プランなら、7,960円/月
12ヶ月プランなら、6,395円/月
となります。

プレミアムオプションをつけると下記の機能が使えるようになります。

◎加わる機能

  • より便利な検索機能が使える
  • いいね!がたくさん出来る
  • プロフィールをより目立たせることが出来る
  • 足跡を見ることが出来る人数が無制限
  • メッセージの未読・既読の状況がわかる
  • メッセージが優先的に審査される

Matchbookコイン

マッチブックには、pairsやOmiaiでのポイントにあたるものとしてMatchbookコインがあります。
Matchbookコインを使うと「いいね!できる回数」を増やしたり、「メッセージ付きいいね!」を送ることができます。

機能 必要なコイン数
いいね!できる回数を増やす 1コイン
メッセージ付きいいね!を送る 3コイン

Matchbookコインは下記の金額で購入することが可能です。

コイン数 金額 得する金額
10コイン 1,280円
20コイン 2,480円 80円
30コイン 3,480円 360円
40コイン 4,480円 640円
50コイン 5,680円 720円
100コイン 9,800円 3,000円
500コイン 46,800円 17,200円

マッチブック で出会いに繋げる5つの手順

マッチブックで出会いに繋げる手順を簡単な流れで紹介します。

手順1:マッチブックに登録する

マッチブックのトップ画面を開きます。
次にトップ画面の「同意してFacebookでログイン」をクリックします。
Facebookでログインすると、マッチブックで使用する情報への可否を求められるので、承諾します。

手順2:気になる相手を探す

マッチブックへの登録が完了したら、相手のプロフィールの検索が可能です。好みの女性を探しましょう。

PCMAXやYYCなどのポイント制前払いの出会系アプリとは異なり、マッチブックではプロフィール検索にはお金が掛からないので安心です。

手順3:見つけたらいいね!をする

プロフィール検索などで好みの女性を見つけたらいいね!をしましょう。毎月30回までなら無料でいいね!をすることが出来ます。

手順4:マッチングしたらメッセージのやり取りをする

相手もいいね!をしたらマッチングとなります。マッチングとなって初めて、相手とのメッセージのやり取りが可能となります。

ファーストメール(1通目のメッセージ)の送信までは無料会員の状態でできますが、相手からの返信を読むには有料会員となる必要があります。

手順5:有料会員となり、メッセージのやり取りをする

マッチングした相手とのメッセージをやり取りをするために有料会員になりましょう。有料会員となったら、メッセージのやり取りは無制限で可能です。

メッセージのやり取りで盛り上がったら、タイミング見計らって、LINEの交換をしましょう。

まとめ:マッチブックに登録するなら登録者が少ない今がチャンスです

フェイスブック連動型の出会系アプリはこれまでpairs(ペアーズ)とOmiaiの二強といわれていました。

その中で2015年8月にマッチブックがサービスを開始しました。マッチブックはリクルートのグループ会社が運営をしているため、今後リクルートグループのメディアを使った宣伝により、一気に知名度・人気を上げていくことが考えられます。またリクルートの媒体を使った宣伝は、これまで出会系アプリに縁がなかった世代にもアプローチがされているので、マッチブックが初めての出会系アプリという登録者数が増えることが予想されています。

既に人気のあるペアーズやOmiai、PCMAX、YYCなどといった出会系アプリは、登録者が多いので出会える可能性が高いと一見思いがちです。しかしそういった既に人気にある出会系アプリには、援デリなどの業者が一般女性に扮して登録しています。またライバルには出会系アプリの熟練者も多くいます。出会系アプリ初心者にとって、そういった中からよい出会いを見つけるのはなかなか容易ではありません。

一方、今回紹介したマッチブックはまだ知名度もそこまで高くないため、業者や同姓のライバルも少ない状況です。またリクルートのメディアの宣伝により女性もこれまで出会系アプリに縁が無かった人も登録をしています。そのため、出会系初心者であっても良い出会いを見つける可能性が高いといえます。

マッチブックは登録無料で、プロフィール検索も出来ます。そこでまずは登録をしてお試しで使ってみましょう。プロフィール検索で好みの女性を見つけ、いいね!をしてみて、もし相手からいいね!が返ってきた場合に初めて有料会員になるかを判断することをおすすめします。

今回の記事ではマッチブックの概要を、出会系アプリをまだ使ったことがない人でも理解できるように、詳しく、わかりやすくまとめました。

マッチブックは確実にこれから注目度が増していく出会系アプリです。本記事を読みマッチブックを一足早く理解して、出会いに繋げましょう。
matchbook
リクルートグループの恋活・婚活アプリ「Matchbook」

また、本サイト出会系アプリの教科書ではワクワクメール以外にもおすすめの出会系アプリを紹介しております。ぜひ参考にしてさらなる出会いに繋げてください。

-Matchbook
-,

Copyright© 出会系アプリの教科書 , 2017 AllRights Reserved.