出会い系サイトの基本知識 年齢確認について 被害

出会い系サイトで援助交際を回避する絶対安心な方法について

投稿日:2016年9月29日 更新日:

出会い系援助交際

  • 出会い系サイトで本当に一般女性と出会えるのか?
  • 女性と出会えたとしても援助交際目当てだからお金が掛かるんじゃない?

皆さんの多くはこのような疑問を持っていると思います。結論から言うと純粋な出会いを求めている女性は大勢います。しかし、それが霞むくらい多くの援助交際目的の女性や援デリ業者がネットには溢れています。

その中で出会うためには見分け方が必要となります。これは出会い系サイトのメールの書き方以上に重要なことです。自分のターゲットではない相手にどんなに良いメールを送っても意味はありません。

そこで、ここでは業者や援助交際目的の女性を見分ける方法と援交目的ではない女性の探し方について紹介します。多くの出会い系サイトで共通して使えるものなので、是非参考にしてみてください。

はじめは、見分け方の前に援助交際の危険性について取り上げたいと思います。援助交際は、場合によっては逮捕され、仕事も周りとの関係も失って人生が壊れてしまうくらい危険なものです。どのようなリスクがあるのか知っておくことは非常に重要です。

援助交際はどうしてダメなのか

援助交際という言葉にはなんとなく良くないイメージがあります。実際には高額請求などのトラブルだけでなく、逮捕される危険性もあります。まずは代表的なリスクについて紹介したいと思います。

援助交際は逮捕されるリスクがある

援助交際で逮捕される危険性があります。主に3つの法律が逮捕につながると考えられます。

出会い系サイト規制法

出会い系サイト規制法では、出会い系サイトに18才未満の少年少女を相手とする、異性交際を求める書き込みをすることは禁止されています。出会い系サイトの掲示板に児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みをした人や児童を相手方とする金品を目的とした異性交際を求める書き込みをした人は、処罰の対象となります(100万円以下の罰金)。
この法律は書き込みをした時点で違法になります。実際に性行為やわいせつ行為に及んだかは関係ありません。

児童売春・児童ポルノ処罰法

この法律では、出会い系サイトなどで18才未満の少年少女と知り合い、同意の上でお金を支払って、性行為やそれに類似する行為をした場合、処罰の対象となります(5年以下の懲役もしくは300万円以下)。逮捕や実刑ということになれば、仕事を失ったり家庭が崩壊したりといった社会的な制裁も同時に受けることにもなりかねません。

では、相手が18歳未満だと知らなかった場合は罪にならないのでしょうか。相手から「自分は18歳以上だから大丈夫」と言われた場合を考えます。

結果から言うとそれは場合によります。18歳以上と言われて信じていたから無罪、ということにはなりません。相手の女性が、外見的にどう見ても18歳未満ということが分かるようならば(例:高校の制服を着ている)、故意があり、有罪となる可能性が大きいです。逆に、女性の免許証等で18歳以上であることを確認したが、その免許証が偽造だったという場合などは、有罪&実刑判決を受ける可能性は少ないです。

売春防止法

対価を支払って女性と性行為等に及ぶことを規制する法律として、売春防止法があります。ただし、この法律が取り締まるのは強制的に売春をさせている管理売春の管理者です。

したがって、18歳以上の者に対価を払い、同意の上で性行為やそれに類似する行為をすることは処罰の対象にはなりません。もちろん、同意がなければ強姦や強制わいせつ等の刑法違反になります。

逮捕されることを回避するために18歳未満の少年少女への異性交際を求める書き込みは絶対にやめましょう。また、出会った相手の年齢が不透明で直接会うことになった場合、身分証の生年月日の欄を見せてもらうことが重要でしょう。相手がそれを拒否したらすぐに別れた方が賢明です。

援助交際のその他トラブル

援助交際で高額請求された

援助交際目的の女性は、出会う日程を決める段階で、料金を請求してきます。「別1.5」と書かれている場合はホテル代別で1.5万円要求しています。基本的にはそれ以上のお金を要求してくることはありませんが、直接であった段階で更に追加料金を請求してくることがあります。風俗に行ったほうが安全で安いので、援助交際は極力控えましょう。

トラブルの具体例

40代男性
「ホテル代別1.3万円」条件の女性と大阪の某所で待ち合わせ、ホテルに入った段階で料金を渡した。援助交際目的の女性なら大丈夫だろう、と思っていたが、こちらがシャワーに入っている際に財布を持ち逃げされた。一応クレジットカードなどは入れていなかったが現金2万円程盗まれた。
20代男性
出会い系サイトで知り合った女性と東京の立川で待ち合わせ。相手のプロフ写真が自分の好みのタイプだったので、料金は多少高かったが会うことにした。しかし、待ち合わせの場所に現れたのは写真とは似つかわないほどのブス。ホテルを断ると怖いおじさんがでてきそうだったので、ホテルへ行った。金の無駄遣いだった。
40代男性
「ホテル代別1.5万円」の女性とホテルの約束をとった。待ち合わせに来た彼女は写真通り美人だった。当たりだと喜びながら行為を終えると、ホテルのドアに激しいノック。しまったと思いながらドアを開けると、案の定ヤクザっぽい男性が立っていた。結局職場にバラすと脅され、大金を支払う羽目になった。
おすすめの出会系アプリ
最高におすすめの出会い系サイトについて

ここ数年、出会い系サイトの需要は右肩上がりに伸びている。それに伴い、数多くの出会い系サイトが世に出ているが、正直言ってどれを選んでいいかわからない状況だ。出会い系サイトのおすすめを紹介している他のサイ ...

続きを見る

PCMAXの援助交際対策

もちろん大手出会い系サイトの運営側も、トラブルの多い援助交際への対策を講じています。特に18歳未満の少年少女が関わる犯罪は運営側にも罪が問われます。残念なことにハッピーメールの経営陣が売春幇助で3人逮捕されました。
ここでは、例として大手出会い系サイトPCMAXが援助交際に対して行っている対策を紹介します。

年齢確認

18歳未満の少年少女に利用させないことは運営にとって非常に重要なポイントです。もし18歳未満が利用した場合、上述の法律によってやりとりしたユーザーが逮捕されてしまいます。それだけでなく運営も逮捕されるリスクがあるので、特に力を入れています。

年齢確認制度

2009年2月からインターネット関連法により、出会い系サイトには利用者が18歳未満ではないことを証明するために、年齢確認を義務付けられました。行政から認可を受けた大手出会い系サイトには年齢確認が必ず存在します。

PCMAXでは、クレジットカードかYahoo!ウォレット、または身分証明書の写真送付で年齢確認を行います。年齢確認を行わないと掲示板閲覧など異性と出会う行為ができません。
年齢確認

年齢確認制度の落とし穴

しかし、多くの出会い系サイトにある身分証明書の写真送付に落とし穴があります。
ユーザーの個人情報保護の観点から、生年月日・年齢証明書の種類・発行者名の名称以外は隠して良い、という運営が多数です。したがって、他の人の証明書を使うなどの偽造が容易です。
18歳未満ユーザーの可能性もあるため、出会う段階で相手の年齢が不透明であれば、身分証自分で確認を行ったほうが良いでしょう。
年齢確認

ユーザー通報機能

デリヘル・風俗・管理売春など利用規約に反する行為を行ってる悪質なユーザーがいた場合には通報機能よりサポートセンターへ報告することが可能です。通報した事は、相手にはわかりません。悪質なユーザーや業者は見つけ次第通報しましょう。

ブロック機能

特定の会員から自分のページへのアクセスをブロックし、やり取りをできなくする機能です。PCMAXでは「お断り機能」と表記されています。援助交際目的の女性からのメッセージが邪魔な時はこれを使用するとよいでしょう。

サイト上掲示板で援助交際を示唆する書き込みは速攻削除

PCMAXでは自動システムで掲示板やサイト内を厳しく監視してます。例えば「ホテル代別1.5万」のように援助交際に関係するキーワードや、誹謗中傷のキーワードは掲示板に載せると即削除されます。しかし、個人間のメールではあまり削除されない傾向があります。運営側も個人間の援助交際はある程度見逃しているのでしょう。
一方で、斡旋業者などには厳しい措置が取られます。注意から強制退会、再登録禁止も行われているでしょう。

出会い系サイトにおける援助交際希望の女性を見分けるポイントは??

出会い系サイトを利用する身からすると、援助交際ではなく、純粋な出会いを求めている異性とお近づきになりたいものです。援助交際の女性を見分けるポイントは多数存在します。その中でみなさんが実践出来る効果的なものをいくつか紹介します。

プロフィールの利用目的に「条件あり」と入れている

利用目的に「条件あり」「お願いあり」と入れている場合は、ほぼ100%援助交際目的です。会う段階でお金を要求するためにそう設定しているのです。

人妻で登録していることが多い

プロフィールで人妻と書いている場合は、援助交際目的を疑ったほうが良いです。なぜなら援助交際を希望する男性の多くは中年で、そこへのアプローチのために人妻と書いていること可能性が大きいからです。

暇な日時・場所をプロフィールに書いている

この場合も援助交際目的のことが多いです。純粋な出会い目的であれば、相手とのやり取りを通して行く場所や日時を決めるはずです。暇な日時や場所を書いている女性は、一日に複数人と援助交際をして稼ごうとしているケースが多いです。

エロ写メを載せている

援助したい男性は、異性の中身よりも顔や体つきを重視します。援助交際目的の女性は、そうした男性にアピールするためにエロ写メを上げています。純粋な出会い目的であれば、最初から肉体関係を意識させることはないでしょう。

援デリ業者が出会い系サイトで使う手口

援デリ業者とは、違法風俗業者のことです。スタッフが女性のふりをしてユーザーとのやり取りを行います。そうして売春目的で会う約束を取り付けると、管理している女性を派遣して、その売り上げを業者と女の子で折半する仕組みです。

女性とやり取りしていると思ったら実は業者の男性としている、なんてお金の無駄遣いもいいところです。さらに派遣されてくる女性はプロフィールと違ってブスなことが多いです。容姿に自信があればキャバクラや風俗で働いているはずです。

出会う前の段階で援デリ業者と判別できるものを紹介したいと思います。一部は援助交際目的の女性の見分け方にも使えます。

エロ全開のメール・プロフコメント

業者は肉体関係目的の男性を手っ取り早くアプローチするために、エロ全開の文章で書かれています。迷惑メールに書かれてそうな文が書かれていれば、ほぼ間違いなく援デリ業者です。
援デリ業者のプロフィール

身長やバストを明言していない

これは援デリ業者ならではの特徴です。ユーザーの住んでいる地域や日時に応じて派遣する女性を変えるため、外見的特徴を明示していないこともあります。あまりにプロフィールと来た女性の特徴がかけ離れていると男性側からのクレームや通報の可能性が大きく上がるからです。

顔文字・絵文字を多用した長い書き込み

やり取りをしている中身が男性であることの特徴です。女性は思いついたことを短く書く事が多いので、長々と書く事はありません。キャバクラのサイトにある女性の日記を見ても、長文で書いていません。

「最初だけ二万円」という文言を使ってくる

「会ったことがない人で不安なため」というお決まりの文句とともに使われることが多いです。出会い系サイトをあまり使用したことがない男性が、素人女性と勘違いするようにこのような文言を使います。不慣れな男性は二回目以降は無料で会える、と勘違いします。しかし、一度会うとブロックされて二回目が来ることはないです。

メールの返信率が非常に高い

これは一部の出会い系サイトであれば確認することができます。先程述べたPCMAXであれば、「のぞき見マル秘データ」で確認することができます。業者は顧客を探すためにほとんどのメールに返信します。一般の女性であれば、男性から送られてくるメール全てに返信するとは考えられないです。

出会い系サイトで援助交際目的ではない一般女性と出会うためのポイント

これまで、援助交際目的の女性や業者の見分け方を紹介しました。

では、どのようにしたら出会い系サイトで純粋に出会いを求めている女性にたどり着けるのでしょうか。

出会い系サイトで実際に、女性を探す際に意識しているいくつかのポイントを取り上げます。1つ満たしていれば良いのではなく、複数満たしている女性を探すことが重要です。

利用目的で「H目的お断り」にしている

純粋な出会いを求める女性であれば、肉体関係が最終目標ではないはずです。ネットを通じて自分にあった友人や彼氏、結婚相手を探しています。「H目的お断り」をプロフィールに設定している場合はそうした純粋な出会いを求めている女性である可能性があります。

初心者マーク(初めて間もない)がついている

多くの出会い系サイトでは、利用し始めたばかりのユーザーに初心者マークが付いています。これだけでは全く一般女性と言い切れませんが、他のポイントと組み合わせることで、最近出会いを求め始めた女性、という意味を持ちます。

簡単なプロフィールにしている

見ず知らずの人が見れるプロフィールには自分の多くの情報は書きたくないものです。相手とのメールをやり取りを通じて徐々にお互いのことを知っていくのが、本来の出会いであり、一般女性の使い方もそれに則したものとなります。そのため、誰もが見られるプロフィールは簡潔にしていることが、ポイントの一つです。

いきなり連絡先を送ってこない

気になるを押した方や、メールを送ってきた人にいきなり連絡先を教えることはありえません。自分が知らない人に連絡先を教えることはないですよね。すぐに送ってくる女性は絶対業者や援助交際目的なので、逆に見分けるポイントです。

まとめ:出会い系サイト上では援助交際ではなく、純粋な出会いを求めよう

最初に紹介したように援助交際は、児童売春や貴重品の持ち逃げなどリスクのあるものです。リスクの割に綺麗な女性と肉体関係を持てる確率は少ないです。綺麗であれば、キャバクラや風俗で稼いでいるはずです。それであれば、出会い系サイトでは純粋な出会いを求めましょう。ただし、なにも知らないと、その出会いは訪れません。
大手出会い系サイトも援助交際については対策を行っていますが、あまりに数が多いため対処しきれていません。そこで我々ユーザー自身も出会いを求めている女性を見分ける力が必要となります。ここで紹介した方法で必ず見つけられるとは限りませんが、可能性は大きく上がります。そうして理想の相手を見つけたら、相手に興味を持ってもらえるようなメールを送り、直接の出会いにつなげましょう。

出会い系サイトの教科書ではおすすめの出会い系サイトを紹介してあります。ぜひ参考にして頂き、良い出会いに繋げてください。
pcmax
出会いならPCMAX!創設10年以上の安心実績の優良出会いSNS

おすすめ

おすすめの出会系アプリ 1

ここ数年、出会い系サイトの需要は右肩上がりに伸びている。それに伴い、数多くの出会い系サイトが世に出ているが、正直言ってどれを選んでいいかわからない状況だ。出会い系サイトのおすすめを紹介している他のサイ ...

-出会い系サイトの基本知識, 年齢確認について, 被害
-, , , , ,

Copyright© 出会い系サイトの教科書【2017年版】 , 2017 AllRights Reserved.