ワクワクメール

ワクワクメールってなんで評判良いの?運営者に突撃取材してきました!

投稿日:2017年5月10日 更新日:

ワクワクメールインタビュー

ワクワクメール小林

こんにちは、出会系アプリ研究家の小林です。

みなさん、ちゃんと出会系で出会えてますか?

僕もいくつか登録して会ったりしてますが、ある時ふと思ったんです。

出会系ってたくさんあるし、どれを選んだら1番いいのかなって。

それに、出会系ってなんか怪しくないですか?

よく事件とかで出て来るキーワードだし、運営もちゃんとされてるのかなぁって。

だから今回は業界トップクラスのワクワクメールさんに突撃インタビューを敢行します!

少しでもおかしな素振りを見せたら闇を暴いて思いっきり暴言を吐いてやりますよ。

事前に約束は取り付けているので、さっそく行ってみます!!

インタビューはじめてなんで緊張していますけどね!

小林

ワクワクメールさんにインタビューしてきました!!

登場人物紹介

小林
ひょんなことからワクワクメールに乗り込んだインタビュアー。都内大学4年生。山梨県出身。

田中さん
ワクワクメールの運営をしている人。今回、小林と面倒なやり取りをすることになる、かわいそうな人。

ワクワクメールという名前の由来は?

「あば、そばでは…それでは早速質問していぎいぎいぎいぎます。よっしくおねまあぁす!」

「?…あ、はい、よろしくお願いします」

「ききき緊張されてますか?」

「こちらのセリフです」

ー5分後ー

「では、気を取り直して、まずは、『ワクワクメール』という名前の意味を教えてください!」

「テンションが読めない」

「教えてください!」

「あーはい、ワクワクメールという名前の意味ですね。うん、特に意味はないんですよー」

「……え、はい」

「はい」

「………あ、じゃあルーツとかないですか?どうしてその名前になったのか、みたいな」

「創業当時、2001年くらいですけど、そのころ『○○メール』っていうネーミングが流行りだったんですよ」

「へぇ!そうだったんですか!」

「なのでワクワクメール以外にも、キラキラメールとかルンルンメールといった他の出会系がいくつもあったんですよ。その中でたまたまワクワクメールが生き残ったという形です」

「キラキラとかルンルンとかワクワクとか、すごいですね。名前つけるの楽しそう」

「マーケティングの積み重ねでそうなりましたね。簡単に名前つけられそうですけど難しいんですよ」

ゴムゴムのエアメールとかどうですか!?」

「一度、怒られた方が良いのかもしれませんよ」

「覇王色!!」

ワクワクメールとA社との違いは?

ワクワクメールとA社との違い

「A社ってあるじゃないですか」

「はい」

「ワクワクメールとけっこう似てると思うんですけど、双子ですか?」

「小林さんは唐突ですね」

「いやぁははは、実はそうでもないんですよぉぉほほ」

あなたの為にも、自覚した方がいいですよ

「で、A社との違いって、どんなとこですか?」

「すぐ浮かぶものだと、そうですね、キャッシュバッカーの有無ですかね」

「ああ!知ってます知ってます!!キャッシュバッカ―ですよね!」

「お、ご存知ですか?じゃあどういうものかも」

「知りません」

『なんだこいつ』

「…えー、出会系では、男性からのメールを受信したりするとポイントがたまって、そのポイントを換金しキャッシュバックできるという制度がありまして。男性との出会いではなく、ポイント稼ぎを目的とした女性を『キャッシュバッカー』と言うんですよ」

「あー、サクラみたいですね。確かにいます、やたら中身のない話ばっかしてきて連絡先教えてくれない女性

ワクワクメールでは、そのキャッシュバックの制度がないんですよ」

「マジっすか!じゃあワクワクメールにいる女性は、みんな男性との出会いが目的でやっているということですね!」

「そうなりますね」

「おぉ、それは使っている側からすると、とても安心ですね!」

そういった安心感って大切ですよね。そこ安心できないとせっかく女性からメッセージが来ても、『いや、もしかしたらキャッシュバッカーかもしれない…』ってチラついたりとか」

「キャッシュバッカーの人っていかにサイト上で返信貰うかだと思うんですよ。LINE聞いたら、『ごめん今スマホ壊れててLINEできないんだ(T_T)』って返事が来たことあります」

そのメッセージどうやって送ったんですかね


「他に違いってありますか?」
ぐううう

「機能的な、目に見える部分での違いというのは難しいですね」

「そうなると、運営方針とか、考え方の違いなんですかね?」

ぐおおおううう

「そこは違うでしょうね。ワクワクメールでは、『うわ、この出会系金かかんのかよ』ではなく、気持ちよくお金を使っていただけるような運営を心がけています。

「すごい!なんかもう、今すぐにでも良い出会いができそうな気がします!」

ぐうぅ…
「それはよかったです」
ぐううおおおぉおおぉおん

「もうっ!うるさいっ!」

お腹が空きました!

「来る前にお昼食べてきてくださいよ!これは前途多難ですね!」

ワクワクメールは課金額に応じてランクが変化する?

「ワクワクメールは課金額に応じて、ユーザーのランクが変わるというお話を聞いたのですが」

「はい。1000円以上課金でブロンズ、1万円以上課金でシルバー、5万円以上課金でゴールド、10万円以上課金でプラチナと、それぞれランクがございます。プラチナになると他のユーザーの様々な情報がわかるようになります。ただ、内容を公開したら、ランクは剥奪しています」

「10万円!?国家予算じゃないですか!!!!」

「小林さん国家を舐めてはいけません

「でも大金は大金ですので、それだけお金を使ってくださってるのだから、早く出会ってもらいたいという気持ちからの機能ですね」

「いやぁ、親心ですね!!」

ワクワクメールがここまで評判良く、大手になったのはなぜ?

「ワクワクメールって出会系のなかでもかなり大手だと思うんですよ、評判もいいですよね」

「恐縮です」

「ここまで大手になった秘訣ってなんですかね?」

「秘訣ですか。別に特別なことはしていませんね。使いやすさ、見やすさなどを、『ほかに負けないようにしよう』と改善し、正しい努力をしてきただけです」

「小さなことをコツコツと、といった感じですね!」

「要望があれば取り入れましたね。お客さん一人一人と真剣に向かい合った結果だと思います」

「僕からも要望があります!」

「なんですか?」

「今日の晩御飯はカレーにしませんか!?」

「それは、どうぞご勝手になさってください」

「田中さんの分も作ります!」

「小林さんは料理が得意なんですか?」

「はい!」

いいですね。でも遠慮しておきます。

LINE交換NGの出会系がある中でなぜ交換OK?

「僕いろんな出会系アプリやるんですよ!」

「え、意外ですね。いい出会いはできていますか?」

出会系でなかなか出会えない

「…………」

(…急に黙った!!)

「他の出会系の中には、LINE交換しようとすると伏せ文字になるアプリとかあるんですよ。なんでワクワクメールはLINE交換okなんですか?

「これは簡単です。卒業してもらいたいからです」

「卒業ですか」

「はい。出会ったら卒業するのが出会系であって、別にお金たくさんとってやろうとか思ってないです。1人とLINEを交換したから、もうやめたい。そんな感じでいいんです。

「まさに親心ですね!」

「従量課金なので、好きなだけ使ってもらって、好きな時にやめてもらって構いません」

「でも、ずっと使っていたユーザーさんが急に卒業してしまうと、ちょっと寂しくなっちゃうんじゃないですか?」

「ははは、そうかもしれないですね。でも、再登録してくださる方も多いんですよ」

「失敗しちゃったんですね!!」

「…まあ、いつでも戻ってきてくださいって感じですね。もしうまくいかなくても、ワクワクメールはいつでも待っているので」

「何様ですか!?」

小林さん、勢いで言葉を選ばないようにしましょうね


「でも、そういうスタンスだからここまで大手になられたんですね、納得!」

「恐縮です」

料金体系も出会系の中でかなり安いほうですよね。ポイント制の出会系でメール1通50円って最安値ですよね、確か」

「そうですね。プロフィール閲覧も無料ですし、無料ポイントも配布しています」

「ユーザーのことを本当に良く考えてくださっていますよね!僕がよく使っていた悪徳出会系、プロフィール閲覧もポイント使いましたし、メールにいたっては1通30000円でしたよ

それは使う前におかしいと思ってください、そのサイトもあなたも

ワクワクメールの会員数は何人?

「じゃあ次の質問いきますね。会員数って、どれくらいいるんでしょうか?」

「そうですね、まず前提としてお話させていただきたいのですが、うちは電話番号登録を行ってるんですね。そのため重複した人は数えてないんですよ」

「ほえー、登録者数重複で数えて、かなり会員数水増ししてるアプリとかもありますもんね」

「それを踏まえて、ワクワクメールでは680万人分の電話番号を取得しています」

680万人!?国家レベルじゃないですか!!!!!

小林さんはあまり難しいことを考えない方が良いですよ


「電話番号登録じゃなかったらもっと会員数多く言えるってことですよね?多く見せたほうがユーザー集まるんじゃないですか?」

「それはそうなんですが、出会系というのは、たくさん人数がいることが大事なのではなく、実際に出会系を必要として利用している人が何人いるかということが大切だと思っております」

「量より質と。ちなみにその中でアクティブユーザーってのはどれくらいいるんですか?」

ログイン換算で、利用者は1日21万5千人ですね。これはディズニーランドと比較していただくとわかりやすいかなと」

「僕知ってます!ディズニーランドの入場者数は1日平均5万人ですよね!!」

「なぜそういう知識は持っているんですか…」

「ということはワクワクメールを1日に利用している人は、ディズニーランドの入場者数の4倍ということですね!」

「そうなりますね。みなさんご利用ありがとうございます」


「1日当たりの登録者数が1600人とのことですが、すごいですね。ちなみにその中で再登録者とかってどのくらいの割合で含まれてますか?」

ふふふ…

1日の新規登録数

あれ、どうしました?お腹がすいたんですか?

話の流れを読んでください。実は再登録者は別カウントなんですよ。再登録してくださる方は1日2000人以上います」

「なんと!新規登録者より多いんですね!」

「そうなんです!なので、数値的には1日4000人近くが登録してくださっている形になりますね」

お茶碗一杯分のご飯の粒の数くらいですね!」

「小林さんのその知識の偏り方は何なんですか」

「話がそれましたけど、ここも『毎日新規登録者1600人』より、『毎日4000人が登録!』って言ったほうが絶対イメージ良さそうなのに」

「まあ、イメージはいいでしょうね。ただお客さんのことを考えたとき、それは本当に正しいことなのか、と」

「正しいこと…ですか」

「出会系において大切なのは密度で、『登録者多いのになかなか出会えないな~』というよりも、『登録人数は少ないけどアクティブユーザーは多いな』というほうが、出会系として正しいサービスの提供の仕方だと思います」

「正論過ぎて何も言えない。ものすごくユーザー視点立っていますね

「お金取ろうと思ってやっているわけではないので、ぜひ素敵な人に出会ってもらいたいです!」

「僕もがんばります!」

「小林さんなら、きっと大丈夫ですよ」

「皮肉ですね?」

「はい、皮肉です」

出会系で付き合う事はよくないこと?

出会系で付き合うことについて

「結構これ個人的な悩みでもあるんですけど、出会系で恋人作ったって、なんだか周りに言いづらいんですよね。やっぱり、あまりよくないことなんでしょうかね?」

「言いづらいという方いらっしゃいますよね。ただ、いけないということはないと思います。ユーザーのみなさんが幸せかどうかが1番大事なんじゃないですか?」

「それもそうですね!というか、よくよく考えたら、それを周りに言えるほど友達がいませんでした!」

「だんだん哀れに思えてきました。悲しい」

「友達が欲しい!」

出会系で結婚した人もいる

「ちなみに、ワクワクメールの社員に、出会系で出会った人と結婚したという人がいるんですよ!」

「え!それは羨ましい!すごいですね!」

「ちなみに相手の父親は警察官でした」

「ロボコップ!!!!」

「落ち着きましょうね。でも幸せにやっているらしいです。そう考えると出会う場所は関係ないんだなと。ちゃんと出会えて、いい形になれば現に幸せになっている方がいるわけですから」

「確かに…。気にする人は気にしてくださいね、って感じですね!」

「近年のスマートフォンの普及により、それぞれの出会系がアプリ化していったんですけど、それによってユーザーがかなり増えたんですよ。そうなるとテレビ出たりとかしたらかなりやる人増えるでしょうし、出会系で付き合うことは後ろめたいこと、なんて風潮も無くなりそうですよね

「そうですね。出会系で付き合うことは決して悪いことではないですもんね。結局本人が気にするかどうかというところですね」

「悩みは解決しそうですか?」

「はい、後ろめたいとか気にしないようにします!出会系で胸張って彼女つくります!10人くらい!!」

「たまにすさまじく吹っ切れないでください」

もう、ヤケクソです

「お願いですから、理性をたしかに持っていてください」

ワクワクメールが他の出会系と比べて負けない強みは?

他の出会系と比べて負けない強み、ということですが。これはコンシェルジュですね

「えぇ!?コンシェルジュ!?ついに発見したんですか!?」

「えっと、何と勘違いされてるんですか?」

「あれ、新種の妖怪の名前じゃないんですか?」

「えー、要はサポートがしっかりしてますよってことです」

「妖怪じゃない…!?」

うちは365日24時間、メールの対応だけでなく有人で電話の対応までしています

「さらっと言いましたが、24時間365日サポートってすごいですね。なにかあってもいつでも助けてくれるってことですよね?」

「そうですね!」

借金が返せないので助けてください!

「まず、あの悪徳出会系とやらを退会したらいかがですか?」

すごい、解決した!!


「出会系運営として、どういったことを大切にしていかなければいけないか、ってことなんですけど、そもそも前提として、写真がアップできる、自分の考えを発信できる、1対nのやりとりができる、こういった点で考えると出会系だろうがTwitterだろうがFacebookだろうがやってること自体は変わらないんです」

「うん、たしかに」

「まあそうなると、出会系に対するお客様の不安をどう取り除くか、ということを大切にしようと

「そうですね、出会系に不安を抱く人多そうですよね」

「広告などで多少安心はさせられるとは思いますがね。結果的にお客さんに満足してもらえるようとにかくサポートを一番強くしておこうと」

「例えば、どんな電話相談が来るんですか?」

会えないんですけどどうしたらいいんですか?とかですね」

「ド直球ですね!」

プロフィールやメッセージを見せていただき、アドバイスをさせていただいたりですね」

「そんな、恋愛コンサルタントみたいなことまでされてるんですね」

常に電話は鳴りっぱなしですね。40人交代制で、お盆正月も休みはないです」

「でも、すごく安心ですそれ。そしたら出会系を初めてやる方こそワクワクメールですね」

返信が貰えないんですけど、というものから、登録の仕方がわからないんですけど、というものまで様々な相談がきます。不安なことや困ったことがあれば遠慮なく電話してください

「毎晩亡くなったはずのおばあちゃんが見えるんですけど」

「管轄外です」

あれれ、解決しない!!!

ワクワクメールが脅威に感じているものは?

「まあそんな最強のワクワクメールなんですが、脅威に感じているものはありますか?ライバル視しているものとか」

「これは、ずばりゲームですね」

「え、ゲームなんですか?てっきり他の出会系アプリの名前が出てくるのかと思っていました」

「今のAppStoreの現状を見ていただければわかると思うんですが、ゲームか出会系アプリか、なんですよ。どれだけゲームよりこちらを使っていただけるかという、24時間の奪い合いというのが現状ですね」

「あー、そういうことですか。スマホの1ページ目に食い込めるか的な」

「まさにその通りですね」

「ちなみに僕のスマホはゲームアプリであふれています!!」

「小林さん、口を慎んでくださいね」

スマホの1ページ目に入ることが重要、いかに時間を使ってもらえるか

マッチング出会系アプリはどう思っている?

最近マッチング系の出会系アプリが流行っていると思うのですが、そういうアプリに対してはどのような意識をお持ちなんでしょうか?」

「そうですね、お客様の出会いの場所は多ければ多いほどいいと思いますね。市場全体を伸ばすという意味ではむしろ応援しています」

「おー、ユーザー視点ですね。でも確かに市場が伸びれば、使う人も増えるし付き合うことも堂々と言えるようになりそうですよね!市場全体を伸ばすという点で、なにかやっていることはありますか?」

PR戦略ですね。とにかく入り口を作り、他の出会系アプリと交互に伸びていけたらなと

「本当に出会系アプリは広まってほしいですね。出会系アプリで恋人を作るのが当たり前、みたいな時代が来るのを待っています!」

「ははは、むしろリアルの出会いのほうが億劫、みたいな」

「そんな時代が来るわけないだろ!!」

「私は今、天変地異と会話している気分ですよ」

出会系に悪いイメージ持っている人達に対して

「出会系で付き合うのはうしろめたいこと?という話と関連するのですが、出会系に対して悪いイメージお持ちの方いるじゃないですか。『怪しい』とか『怖い』とか。そういう方に対してはどのような意識をお持ちですか?

「んー。まあそれならしょうがないよね、というのが率直な意見ですね。無理にやってもらっても、ねえ?」

「あー、まあそうですよね。実際にやってから評価しなさいよって思いますけどね僕は」

「それもそうですけど、押し付けはよくないですからね。広告も必要な時に必要な情報を必要なだけ、というのを心掛けています」

「このように常にユーザー視点に立っているのがワクワクメールのいいところですね!!いやぁ本当に!いいなぁ!すごいですね!ワクワクメールはすごい!みんなやればいいのにな!まったく!

気持ちはありがたいですが、勧め方が雑すぎませんか

やれよ!この野郎!

「情緒がヤバい」

ワクワクDBはどう思っている?

ワクワクDB(データベース)ってあるじゃないですか。女性ユーザーの情報を共有しているサイト。あれってどういう意図でやっているんですか?」

「あれはですね、ワクワクメールの運営とは関係ないんです」

「あ、そうなんですか?ワクワクメールとはまた別の人がやってるんですね。でもあれ、女性ユーザーの情報量すごいじゃないですか。止めないんですか?」

「いい関係を築いていきたいなと思っています。例えば、モンストとモンストマルチ掲示板のような関係ですね。お客さんを誹謗中傷するようであれば訴えるぞ、という状態ではありますが。ただ、最近は別のアフィリエイトやってるみたいでさみしいです」

「ワクワクDBの方!さみしがってるんで、仲良くしてあげてくださいよ!」

ワクワクメール、どんな使い方をしてほしい?

「ワクワクメールのすばらしさ、かなり伝わったんですけど、運営側の希望としてはユーザーにどんな使い方をしてほしいですか?」

とにかく自由に使っていただきたいというのが運営の希望です。何をしてください、というのは特にないです」

「思ったように使えってことですね」

「そうですね。出会系ですよ、というところだけ頭に置いておいていただければ」

「じゃあ僕は、出会った女性達とあんなことやこんなことします!」

「小林さんはポジティブでいいですね。」

掲示板、スマイル、タイプ。様々な機能があるがおすすめの使い方は?

ワクワクメールには、スマイルやタイプといった機能がいっぱいありますよね?あれどういうふうに活用したら良いんですかね?」

「こう使うといいですよ~という正解はないと思ってます。自由に使ってください」

「え、じゃあスマイル連打しても良いんですか?」

良いと思いますよ

やった!とても嬉しい!!

「どう使ってどう役立てるかはユーザー次第ってことですね、はい小林さん、席に戻りましょうね」


「ただ、日記とつぶやきって機能があるのですが」

「ありますね、生活の一部が覗けて、相手のことを知れるやつですよね」

「さすが、よくご存知ですね!プロフィールだけでは伝えられない自分の一面を、他人に知ってもらえるということが、まず第1の魅力です。また、個別の会話で語り切れないお互いの一面を、日記やつぶやきで知ることでよりよい間柄になることもできます」

「そう考えると先にも出たようにTwitter、Facebookと変わらないですね」

「そうなんですよ。それもそうですし、顔だけで選ぶなんてのは、とても失礼なことだと思っておりまして」

「なるほど。日記やつぶやきで内面から相手の魅力を判断していけ、ということですか」

「まあ結局はユーザーの自由なんですが。見た目以外でも判断基準となる場を提供することで、内面からも判断してほしいですね。とにかく良い出会いをしてもらいたいです」

「僕にも良い出会いできますかね!?」

「そうですね、山あり谷ありだと思いますが」

やった!!とても嬉しい!!!

「面倒臭いので、もう二度と文字通り舞い上がらないでくださいね」

実際に会うまでのおススメの流れは?

「でっであっけ…出会系で仲良くなったとして、そっこからじっじじじ実際に出会うまで、どのようにもっていけばいいですかね?」

「はあ」

「実際会ってってててガッカリされたら怖いですし、出会うまでの理想の流れを教おしおしおしえて欲しいでっす」

なぜ急に、また緊張しだしたんですか?

さっき言ってたおばあちゃんが…そこに…

「やめてください」

実際に会うまでの流れ

「出会ってもガッカリされない方法でしたね。まず、1点目。プロフィール写真は他人に撮ってもらった写真を使うようにしてください。自撮りはあまりよくないです

「え、ダメなんですか?」

ダメではないですけど。盛れちゃうじゃないですか

「なるほど、いわゆる写メ詐欺というやつですか!そこで変に背伸びするから、実際に会ってガッカリされる現象が起きるんですね」

「写りがいい写真を使うという意味ではいいんですけどね。よすぎるのはあまりよくないかなと。ちなみにどんな写真使ってます?」

「僕の写真は自信ありですよ!これを使います!」

へその緒

「……なんですかこれ」

僕のへその緒です」

「なんで変なところで肝が座ってるんですか?てか、持ってこないでくださいよ!


「……えー続いて2点目ですね。プロフィールは他人が見るものなので、しっかり書いたほうがいいし、見たほうがいいです

「当たり前じゃんって思うかもしれないけど、できていない人って多いですよね!」

「みんな、小林さんにだけは言われたくないと思いますよ?」

プロフィールがしっかりしていない人に限って、『会えない』って嘆くことが多い気がします

「プロフィールを見ることも大切です。先ほども言いましたが、顔だけではなく、内面からも判断しましょうね」

「僕の趣味は読書と料理!特技はスポーツ全般!アメリカの一流大学で医療技術の研究をしていて、休日はクラシックを聴きながらコーヒーを嗜みます!」

もはや、詐欺じゃないですか


「以上の2点が最低限できているなら『会ってガッカリ』はないんじゃないかなと思いますね」

「なるほど参考になります!でも、写真を盛らないと返信もらえない、僕みたいな人種もいるんですけど」

「あなたの場合は盛る盛らない以前の問題だと思いますが、まあ最終的にはユーザーの自由なのでお任せします」

「好きにやって好きに出会ってくださいと」

「そうなりますね。一応アドバイスをするなら、早く会いたいなら掲示板を使うようにしてください、ということですかね。じっくり時間をかけて素敵な人と出会いたいなら、日記とつぶやきの更新頻度をあげてみてください

「おお!それっぽいアドバイス!」

「掲示板はポイントを使いますが、日記とつぶやきはタダなので。そういった機能を活用してもらう中で、『あ、この人こんなこと考えてるんだ』とか、『なんだか気が合いそう』とか、他の誰かに引っかかって出会いに繋がればいいなと。なんせこれだけ登録者がいますので」

1日に21万5千人ログインしているんですもんね。そりゃ引っかかりますよね!

「せっかくいろんな機能ありますので」

「あ、スマイルをいろんな人に送って、返ってきた人にメッセージ送るという方法はどうですか?」

「それもそうですね、という感じです。ただ、どちらかというとそれはマッチング系のアプリのやり方に近いのかなと」

「あー確かに。というかそう考えると、マッチングアプリは逆にそれしかできないってことになりますね。ワクワクメールは自由度や可能性が高い!

「はい。いろんな機能をぜひ使いこなしてください」

ワクワクメールの今後の路線は?

最後になるんですが、今後はどういった路線でやっていくつもりですか?

「このままです。要望があるなら取り入れますが、特に大きな変化を加える予定はありません」

「マッチングアプリが勢いつけていますが、大丈夫ですか?」

ここでワクワクメールが急にマッチングアプリになったら、お客さんが困惑すると思うんですよ。今のユーザーさんは、ワクワクメールを求めて使ってくださっていると思うので。例えば、いつも行っているラーメン屋さんが、『最近ハンバーガーが流行ってるからハンバーガー屋さんをやろう!』というふうに、急に方向性がガラリと変わったら、困るでしょう?」

「たしかに!長袖屋さんが、『最近半袖が流行ってるから半袖屋さんやろう!』ってなったら……」

「あまり困らない…」

「路線を変えるとしたら、また新たに別のアプリを作りますね」

「最後の最後までユーザー目線で…本当にいいアプリです。早速あとでやろっと」

「ありがとうございます。いい出会いを見つけてくださいね。小林さんならきっと出会えますよ」

「皮肉ですね!?」

「んんん!台無しだ!!」

小林田中「はっはっはっはっ」

最後の挨拶

おわりに

今回は、2001年から現在までサービスを継続している、大手出会系であるワクワクメールさんに独占インタビューさせていただきました。

お忙しい中、2時間もインタビューの時間を取っていただき、たくさんの質問に答えてくれました。

取材に行ってみてわかったことは、ワクワクメールは怪しいどころか、キチンとユーザー視点に立って健全に運営されている印象でした。

「出会系をやってみたいけど不安…」
「やってるけどなかなか出会えない」
「出会系はやったことあるけど、ワクワクメールはやったことないな」

こういった考えのひとには、自信を持ってワクワクメールをおすすめします!

ワクワクメール
田中さん、くそお世話になりました!!!

-ワクワクメール
-, , , ,

Copyright© 出会系アプリの教科書 , 2017 AllRights Reserved.